美術運動

ダダを解説!ダダイズムの呼び名はおかしいのでは?反芸術運動という言葉も後付け。シュルレアリスムとの違いも。

20世紀の美術史の中でダダという言葉は多く出てきます。 スイスはダダで起こった運動ですが、ヨーロッパ各地やアメリカ、日本へと広がりました。 便器を展示したマルセル・デュシャンはダダイストなんて自称しています。 惹かれる人も多いシュルレアリスム絵…

柳宗悦の朝鮮での活動やオリエンタリズム利用としての批判について解説!本当に西洋からの偏見を利用したのか?オリエンタル・オリエンタリズムとも。

前回記事にて、日本の思想家である柳宗悦(1889~1961)が日常のさりげない美を発見する民芸運動を行ったことを紹介しました。 bigakuchikamichi.hatenablog.com 本記事は、柳宗悦の植民地での活動やその批評について紹介します。 柳宗悦は国内の民芸運動のみで…

【美術解説】民芸運動(民藝)とは?簡単に解説!柳宗悦の『用の美』や収集作品、アーツ・アンド・クラフツ運動との関係について!

現在も使われることの多い「民芸(民藝)」という言葉。 「民芸」は「民衆的工芸」の略で、1920年代ごろから日本で注目されるようになりました。 民芸運動は柳宗悦(やなぎむねよし、やなぎそうえつ)(1889-1961)による運動です。 実は前回記事で紹介した、…

アーツ・アンド・クラフツ運動とは?失敗だったのか?成果や作品についても分かりやすく解説!

「アーツ・アンド・クラフツ運動」は19世紀後半のイギリスで起こった芸術運動の一つです。 アーツ・アンド・クラフツ運動は機械化・分業化への反対として起こり、 デザイナーによる環境保護活動の始まりとして歴史に残っています。 「アーツ・アンド・クラフ…

ハイレッドセンター《山手線事件》はどんな事件で何の目的があった?イベントやハプニングについても解説!

本記事では、1960年代の日本の芸術家集団の1つ「ハイレッドセンター」が結成前年行った《山手線事件》(1962年)を探ります。(山手線フェスティバルとも言います。) どんな事件で何の目的があったのでしょうか。 また、パフォーマンスを行う作品に対し現代美…